葉酸サプリ 副作用

MENU

葉酸サプリの副作用には、どんな効果があるのでしょうか?

1日の摂取目安量は、
一般の女性であれば、200マイクログラム
妊娠希望・妊婦さんであれば480マイクログラム
摂取の必要があります。

これは厚生労働省が指定しているデータです。

 

しかし、とくに過剰摂取については、厚生労働省のサイトにも
書かれておらず、過剰摂取については国立健康・栄養研究所
1300マイクログラム異常摂取した場合、胎児に喘息や蕁麻疹
アトピーになるリスクが上がると言われています。

 

 

正直な所、厚生労働省と、国立健康・栄養研究所の記事が混ざっていり、どちらを
信じていいのか分からず混乱する人が多いですが、大切な事が、葉酸不足にならないように
400マイクログラム以上1300マイクログラム以下の葉酸量を摂取する事です。

 

葉酸の過剰摂取量1300マイクログラムは簡単に摂取できるのか?

 

 

葉酸サプリに含まれる葉酸ですが、基本的には、水溶性ビタミンといって水に溶け易い反面、体に不必要なビタミンは尿として体の外へと流れていきます。また、水に溶け易く厚生労働省の調べによると60度のお湯で例えば、100マイクログラムのほうれん草を茹でると、その本文以上の葉酸が茹で汁に溶けてしまうと言われています。茹でる前は100gあたり210マイクログラムあった葉酸が105マイクログラムになってしまうという事です。
茹でたほうれん草でなくても、葉酸1300マイクログラムを摂取しようとすると、ほうれん草で言うと500gも摂取が必要になってきます。

 

野菜でまず葉酸を摂取するのは非常に難しいです。ただ、妊娠中はレバーの摂取量だけ注意が必要でレバはビタミンAの量も非常に多く、葉酸の過剰摂取以外にもビタミンAの過剰摂取にも繋がるので、鉄分などもほうれん草などの野菜からの摂取がまず、望ましいです。

 

また、Yahoo!の知恵袋にもこんな記事がありました。

 

 

妊産婦栄養に学んだ人によると、妊娠中のお母さんの食事が野菜の脂質が多い場合は、胎児が喘息になるリスクが上がると言われていて、また牛乳などの過剰摂取がアトピーに繋がると言われていています。
葉酸サプリも指定された量を守り、レバーや偏った食生活さえ守っているのであれば、とくに、葉酸が過剰摂取になるというリスクもありません。

 

 

過剰摂取の実例がほとんど、ないのに対して、現在日本は、妊婦さんの6割が葉酸不足で、先天性異常の確立も1000人に1人と言われています。過剰摂取の危険性より、断然欠乏の危険性を考るべきですよね。

 

安全性を重視する人がよく読む記事はコチラ♪


 

葉酸サプリって適当に葉酸400マイクログラム取れればいいや!なんて思っていませんか?もし値段重視で葉酸サプリを選んでいるのであば考えたいのがコレ!  

 詳しく説明を見る


 

せっかく赤ちゃんを健康的に出産したいって思いがあるのであれば、どのようにして、葉酸サプリを選ぶべきなの?自分なりに安全なサプリメント選びの方法をもつとサプリメント選びが簡単です。    

        詳しく説明を見る