葉酸サプリ 選び方

MENU

危険性の低い葉酸サプリメントを見分けるポイント

 

 

 

安すぎない事

日本は添加物大国です。
例えば、食品にしても海外では、マーガリンのトランス脂肪酸という添加物が体に悪いので販売を中止しています。
こちらの写真では、上のものが添加物の入っているマーガリン、そして下がバターです。
上の添加物たっぷりのマーガリンにはアリが1匹もいないですよね?それに対して、下のバターにはアリが沢山群がっています。
アリも食べないような添加物を普段私たち日本人は知らずに食べています。サプリメントでも、これは同じで、添加物が多いものは、言ってみれば、自然界のものでなく化学製品で作られたもので、無添加で天然のものは、ちゃんと自然界のものから作られています。化学薬品を使うと、手間がかからない分、低価格で提供できます。しかし、その背景をよく考えてください。

 

表記が細かくされている事

 

葉酸サプリメントの表記を色々と見比べて天然のものは、ちゃんと野菜などの成分が書かれています。
ちゃんと成分が書かれている事は、ちゃんと自然界の成分を使っているので安心して摂取できます。この写真ではB以外がすべて合成成分で作られているサプリメントです。表記に全く野菜の名前が書かれていませんよね?

 

GMP基準を満たしている事

 

GMP基準って知っていますか?医療用の薬などの製造工程などの基準を国際的に定めているものでアメリカでは、サプリメントにもこの基準が義務かされています。しかし、まだサプリメントの歴史の浅い日本は、GMP基準がまだ義務化されておらず、任意です。
これは、逆を言うと自社の工場で基準を設けるだけでいいので、安全性が不透明なままです。傾向として低価格のものは、もちろんお金をかけて、GMP基準に提出もしていません。逆に、安全性を重視する葉酸サプリメーカーは、お金を出してまで品質の安全性をきちんと、クリアさせます。15種類の葉酸サプリを今まで調べました。その中でGMP基準を満たしているものは、たった2つです。AFC葉酸サプリメントとベルタ葉酸サプリメントだけでした。

 

 

 

 

安全性を求めて一緒に良く読まれる記事とは?

 

葉酸サプリの摂取量っていくらいるか知っていますか?質問されて答えられないのであれば、まずは葉酸の適量を知り葉酸サプリの副作用についても少し知る必要があります。

 詳しく説明を見る


 

どんあ基準でサプリを選んでいますか?1000円以内で購入できるから!って答えた人は少し、サプリの裏側をよく考えたほうがいいかもしれないですね・・・ 

  詳しく説明を見る