ベルタ葉酸サプリ 放射能 大丈夫

MENU

放射線と妊娠中の関係について

胎内被爆ってしっていますか、これは妊娠中に母体とそのお腹の中の赤ちゃんが放射線
を受けた場合、このように胎内被爆といいます。お腹の中の赤ちゃんは私たちより細胞分裂が
さかんであり、何度も何度も細胞分裂を繰り返しまた合体して成長していきます。その反面凄く
デリケートで放射線感受性がとても高いと言われていて、発生のどの期間に被爆してしまったによりお腹の中の赤ちゃんの組織や器官により、その影響も事なってきます。

 

胎児が注意したい3つのポイント!

 

胎児が放射線の影響を受け易い時期は3つの時期があります。

 

着床前に起こるリスク

 

精子と卵子が受精して、胚が子宮壁に着床するまで受精して8日間かかるのですが、この時期に被爆していると胚の死が起こってしまいます。その後死んでしまった胚は、子宮内に吸収されて、ほとんどの妊婦さんが自信でこのような症状があった事にさえ気がつきません。
また、このように着床する前に胚が死んでしまう事は流産の原因ともなっています。

 

 

器官形成の時期

 

上で説明した着床時期の次に、赤ちゃんは2週目から8週目まで体の多くの器官を作ります。しかし、この時期に被爆しているのであれば、奇形のリスクが上がるとされています。被爆の影響で起こる奇形の種類は、小頭症や無脳症、小眼症、指などに出る異常などがあります。

 

胎児の将来的な影響

 

お腹の中の赤ちゃんは、私たちと比べて、が発ガンの感受性が少し高いです。胎児期に放射線をうけて被爆した出生児は癌のリスクが高まるだけでなく、白血病、神経芽細胞腫、網膜芽細胞腫なども見られます。その中でもとくに注意したいのが、出生直前の放射線での被爆で、胎児に白血病のリスクが非常に高くなるとされています。

 

発達障害

 

胎児の体は上でも述べているように、非常にデリケートです。とくに胎児期は脳への影響も大きく、妊娠してから器官ができた、8週目から25週目の被爆は精神発達を送らせ、発達障害を引き起こします。

 

このように放射線と胎児の影響は非常に強く結びついています。とくに天然の葉酸サプリであれば、国産の野菜などを使っている場合とくに注意したいのが、この放射線ですよね。

 

普通のコンビになどで売っている葉酸サプリのチェックって多くの場合は、自社で1回程度の検査です。

 

 

しかし、ベルタ葉酸サプリはまずGMP基準を設けて
さらには、その中で放射線チェックを行っています。

 

実はこのGMPですが、アメリカでは義務化されているのに、日本では任意なんですよ・・・っていう事は、自社で勝手に基準を設ける事ができると言う事です。そう考えると、最低限このGMP基準は重視して行った方がいいと思います。

 

ベルタ葉酸サプリは、GMPの検査で、原材料のチェック、放射線チェックなど
18種類以上のチェック行程をクリアして、製造し、出荷しているので、これだけ安全性は、とくに問題がにようにおもいます。