ベルタ葉酸サプリ 流産 予防 効果

MENU

流産って何でおこるの?

 

妊娠してから22週目以前に、胎児が流れて妊娠がおる事を流産といいます。
なんと全体の8割が妊娠12週目の早期での流産で、妊娠した女性の15%が流産するというデータが出ています。
しかし、流産の原因は、様々な原因があり、100%これが原因です!
っと断定できる要因は未だに不明です。
流産の確立は上でも述べたように15%です。10人に1人以上は流産を経験する事になります。また流産のサインとして、出血やお腹の痛み、張りや妊娠に気がつかない場合も多く、受精してすぐに流産してしまうケースもあるようです。

 

流産には2つの種類があります。

 

切迫流産
この流産は、出血がありますが、赤ちゃんは成長しているため流産を阻止する事ができます。そのため早い時期から病院で安静にしていたりする措置が取られています。

 

稽留流産
胎児の成長が止まってしまうケースが非常に多くこのケースの場合は、染色体異常が原因と考えれています。とくに妊娠の6週目から7週目に起こります。

 

 

この2つの流産を予防できる?

 

この2つの流産ですが、大きな原因の1つに染色体以上があります。
男性の染色体異常の記事でも述べたように、男性も葉酸を摂取する事で
染色体異常のリスクを軽減する事ができます。また流産の原因は、女性側では
なく男性側に原因があると言われております。

 

葉酸を摂取して期待できる効果とは?

 

1つは上でも述べたように男性の染色体異常のリスクを軽減する事ができます。
そしてもう1つは、葉酸には核酸といって遺伝子情報ある成分を促進する働きがあります。核酸がさかんになる事で、細胞の生成がさかんになり粘膜も本来の健康な働きをしてくれます。子宮の粘膜も強化される事によって、着床率を高めたり、また強い子宮を作る事により、流産のリスク軽減に繋がるとされています。
また子宮が強くなる事で早産の予防にもつながるとされています。

 

早産とは、22週以降37週未満で出産してしまう可能性がある事を言います。
早産の原因の1つに子宮の縮小があり、子宮の粘膜を健康な状態に保事によって感染病の予防などができます。ただ、子宮の縮小の原因はストレスです。妊娠初期に働きすぎてストレスをためたりする事によって起こります。
妊娠初期は、ストレスを発散させたり、ストレスをためなような工夫が必要になります。またその他にタバコなどの原因も大きいので、妊娠を希望してからができる限り、アルコールとタバコなども勿論控える事が基本です。